自分に合ったメガネを選ぼう!選び方の基準と顔の形に合ったメガネの選び方

自分に合ったメガネを選ぼう!選び方の基準と顔の形に合ったメガネの選び方


メガネを選ぶ際に意識したい基準

メガネには、選ぶ際の基準があります。まず、フレームの上下の長さが、眉から顎までの長さの3分の1以内であることが好ましいでしょう。これ以上の大きさだと、メガネが大きすぎて顔も大きく見えてしまうことがあるのです。また、フレームの横幅は顔の幅と同じぐらいが良いとされています。フレームのサイズは重要で、フレームが小さ過ぎれば顔が大きく見えるし、逆に大き過ぎると目が小さく見えます。それから、フレームのリム上部の形状は、眉の形とかけ離れたものを選ぶべきではありません。そして、正面から見て、レンズの中心の内側1.2ミリほどの位置に瞳が収まるメガネが望ましいと言えるでしょう。

顔の形に合ったメガネを選ぼう!

一般的に、自分の顔の形と異なる形のフレームが好ましいとされています。四角顔のタイプの人に似合うメガネは、丸みのあるフレームです。フレームの丸みと四角い顔の組み合わせにより、引き締まった顔立ちになるでしょう。一方、四角顔のタイプに似合わないフレームは、角ばった長方形のデザインです。角ばったフレームは、顔の輪郭を際立たせる効果があるからです。丸顔タイプに適したフレームは、長方形など角のあるタイプです。丸みのあるフレームは、丸顔の輪郭がより強く浮かび上がって見えてしまうでしょう。面長の顔であれば、フレームの縦幅が長いメガネが似合います。面長の顔は様々な形のフレームが似合うので、様々なデザインのメガネをかけられます。逆三角形の顔なら、小さめのフレームがおすすめと言えるでしょう。

メガネは主に視力を補正したり、目を保護するために使用されます。また、コーディネートを彩るためのファッションアイテムとしても用いられます。