電子タバコと通常のタバコを比較!様々な面で差がある!

電子タバコと通常のタバコを比較!様々な面で差がある!


吸えるまでの時間が違う

通常のタバコは紙に火を着ければすぐに吸うことができます。しかし、電子タバコは充電をしておき、水蒸気で蒸されるまで待つ必要があります。一本吸い終わったら、すぐにまた火をつけて吸えるのは通常のタバコのいい点でしょう。電子タバコでは次を吸いたいときには、蒸されるまでまた時間がかかるのです。次々に吸いたい人は電子タバコを2個用意しておき、吸い終わったら次が吸えるようにする人もいます。

吸うものは煙と水蒸気

通常のタバコは火から出た煙を吸います。しかし、電子タバコはリキッドから出た水蒸気を吸うものです。水蒸気ですので煙となって外に出たとしてもすぐに消えます。また、リキッドの水蒸気を吸うものですから、リキッドについた味を楽しむことが可能です。例えば、リキッドにグレープ味がついていたとします。その場合は吸ったときにグレープの味がします。リキッドの味は色々と売っていますので、たくさんの種類を楽しめるでしょう。また組み合わせることもできますので、オリジナルの味を作ることができます。

健康への影響に差がある

通常のタバコはニコチンなどの有害な物質が含まれているため、健康へ影響します。しかし、電子タバコは健康への被害を自分で決めることができます。ニコチンを含まないリキッドを選べば健康を害することはほとんどありません。さらに含有するニコチンの量を減らすことで、健康に配慮した電子タバコとして吸うことも可能です。通常のタバコではある程度のニコチンを摂取することを考えれば、電子タバコで摂取量を調整できるのは利点でしょう。

ニコチンリキッドは、海外から輸入された製品が大半ですが、一部には健康上のリスクが高いものもあるため、使用時にはしっかりと安全面の見極めが必要です。