電子タバコと通常のタバコの違い!仕組みから違う!

電子タバコと通常のタバコの違い!仕組みから違う!


通常のタバコと電子タバコでは加熱する方法が違う

通常のタバコは加熱するときに火を着けて紙を燃やします。燃やした煙を吸うイメージです。しかし、電子タバコの加熱方法は蒸すイメージに近いです。火を着けるのではなく高い温度を加えることでタバコを吸っているような感覚になります。火が着いているわけではありませんので、たくさんの煙が出るのを抑えられる効果もあります。さらに、煙が外に拡散しないため匂いも限定的に広がるだけです。電子タバコを吸っている人が煙に包まれることはほとんどありません。

電子タバコには充電時間が必要

火をつければすぐに吸える通常のタバコと違い、電子タバコに充電時間が必要になります。時間をかけずにタバコを吸えるのは通常のタバコでしょう。電子タバコは充電をして1本を吸います。吸い終わったらまた充電する必要があるのです。ヘビースモーカーは連続してタバコを吸う習慣があるかもしれませんが、1つの電子タバコではチェーンスモークはできないです。健康へのリスクを考えると、充電時間があるために吸う本数が減るというのはメリットかもしれません。

吸える場所も違う可能性がある

電子タバコと通常のタバコでは健康への影響が違い、煙の量も大きく違います。そのため、電子タバコと通常のタバコを別と考えている施設管理者も多いのです。この場所では電子タバコのみOKと書いてあるケースも少なくありません。電子タバコは煙がほとんど出ないために換気システムを大幅にグレードアップさせなくても喫煙室が作れます。簡易的な喫煙室でも電子タバコなら問題ないでしょう。

vapeのおすすめのポイントは、フレーバーがたくさんあるので、気分によってフレーバーを選べるところにあります。